楽観的になる方法,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

楽観的になる方法は簡単!

楽観的になる方法ってとても簡単なんですよ。

 

 

楽観的な人と悲観的な人の違いの壁は高そうに思いますが、実際は脳内のセロトニンの量の違いでしかないんですね。

 

 

 

楽観的な人=セロトニンが多い

 

 

悲観的な人=セロトニンが少ない

 

 

 

たったこれだけの違いです。

 

 

私は今は楽観的な性格をしていますが、昔はめちゃくちゃ悲観的でした。何をしても不安で自己否定ばかりで、自己嫌悪の塊はこのことなのだと思い知りました。

 

 

 

でも、悲観的思考もセロトニン不足からくるんですね。

セロトニンが不足していれば悲観的になるのは当たり前!

楽観的になりたいという人はとても多いです。

 

楽観的になる方法,

 

しかし、こういう人のほとんどは悲観的であるのは確かですが、努力で楽観的な性格になることはできません。

 

 

大切なのはセロトニンの量を増やすことです。

 

 

 

例えばよくあるライフハックサイトだと、楽観的になるために以下の方法が有効だと書いています。

 

 

 

・考え過ぎない

 

・行動するのが大切

 

・人を許してストレスを溜めない

 

 

 

はい、これは全てセロトニンを増やし、セロトニンの低下を防ぐ方法と言い換えることもできるんですね。

 

 

 

一つ一つ理由を見ていきましょう。

 

 

 

なぜ考え過ぎないことが重要なのか?

 

考え過ぎてしまうと自然と思考が悲観的になるからなんですよ。

 

 

これは私もそうなのですが、何も行動しないで考えすぎてしまうとろくなことがありません。どんどん思考が後向きになってしまいますし、行動力も減退します。何もしないで思考しているだけでポジティブになることは絶対にないと思いますよ。

 

 

むしろどんどん沈んでいきますね……。

 

 

楽観的になりたければまず考えすぎるクセを改めるのが良いです。考えるよりもまず行動!ということを心がければ自然に楽観的になります。

 

 

何で行動した方が良いの?

 

 

行動することによってセロトニンが分泌されるから行動した方が良いんですよ。

 

特に良いのはリズム運動ですが、食後に食器を洗うといった軽い運動でも構いません。私は仕事をしているときが一番楽観的になりますね。

 

 

 

「えー! なんで仕事していると楽観的になるの!?」と感じる人も多いと思います。

 

 

 

私も不思議なのですが、やはり人のために行動すると非常に気分が良いんですよ。このサイトも運営させて頂いている立場なのですが、常にユーザー様が役立つ情報を提供しようと心がけています。この心がけがあった方がサイト運営も楽しいし、自分が凄く幸せなんですね。

 

 

 

これこそが楽観的な考え方といえるかもしれません。

 

 

自分に余裕がないうちは、「人のために頑張ろう!」と思うのは無理ですよ。むしろ自分が辛くなるだけなのでその考え方はやめた方が良いです。

 

 

 

まず、自分が幸せになって満足しなければいけないのです。自分が満たされていないのに楽観的に行動し、人のために動くのは不可能です。

 

 

 

そう考えるといつも他人の不幸を望んだり喜んだりしている人って、完全に自分が満たされていない証明になるんですよね。セロトニン不足から起きる現象になるのですが、セロトニンが足りていれば楽観的になるので絶対に人の不幸を望むことはなくなります。

 

 

どうして人を許した方が良いの?

 

 

これもセロトニンと関係してくるんですよねー。

 

 

人を恨んでいる状態って辛くないですか? いつも他人のことばかり恨んで文句を言っている状態って、凄く心が疲れてしまうんですよ。少なくとも他人を恨んでいる間は幸せになれることはありません。

 

 

 

 

恨む=ストレスを溜める行為、だからです。

 

 

 

セロトニンはストレスに弱いです。ストレスを過渡に受けてしまうと驚くくらいセロトニンが破壊されてしまうのです。その結果セロトニン不足になってますます思考が悲観的になるというのが、不幸な人がたどっている迷路になります。

 

 

 

 

この迷路から抜け出したければセロトニンが減る習慣をやめ、サプリメントでセロトニンを増やすしかないんですよ。

セロトニンを増やせば楽観的になれる!

結論を言わせていただくと、セロトニンを増やせば楽観的になります!

 

 

 

もうこれしか言いようがありません。だって人間は脳内物質によって支配されている生き物で、セロトニンの有無によって幸福か否かが決まる生き物ですもの。

 

 

 

人に優しくするとか、ストレスを溜めないようにするとかいうのも正直言ってただの枝葉で、一番良いのはセロトニンを増やすことなんですよ。根本的な解決方法はこれしかないですね。

 

 

 

楽観的になりたい人はセロトニンを増やしてください。サプリメントを飲むのが良いですよ。

 

セロトニンを増やしたい人が飲むべきサプリメントランキング!





一位 マインドガードDX粒タイプ


マインドガードDX粒タイプ


二位 マインドガードDX


マインドガード


関連ページ

悲観的になる原因とは?
悲観的になる原因は脳内物質のセロトニンが不足するからです。人間は性格ではなく、脳内物質によって思考が決まります。
イライラするのは本当に病気なのか
すぐにイライラする人は病気という風潮が強いのですが、実はただセロトニンが足りていなかっただけということがよくあります。
悲観的な人はなぜ悲観的なの?
悲観的な人が悲観的である理由は、幸福ホルモンのセロトニンが足りていないからです。
楽観主義になる方法
楽観主義になる方法について解説しています。楽観主義になるのは難しいことではなく、脳内物質のセロトニンを増やせば良いだけです。
前向きな考え方を簡単に身につける方法
前向きな考え方は簡単に身につけることができます。欧米人は前向きな人が多いのですが、これはセロトニンが脳内に沢山存在しているからです。
悲観的な性格は治すことができる!
悲観的な性格は治すことができます! 悲観的な性格の人はセロトニンが足りないという明確な原因があるのです。
悲観脳を治すために必要なのはセロトニン
いつも楽観的な人との違いと、いつも悲観的な人の違いはセロトニンの量です。セロトニンを増やせば悲観脳は治ります。
悲観主義から楽観主義になることは可能!
悲観主義から楽観主義になることは可能です! 悲観主義の人が悲観的である理由は脳内のセロトニンが不足しているからです。
何もしたくないのって本当に病気?
何もしたくないのは本当に病気なのでしょうか? 実はただのセロトニン不足であることがほとんどです。
楽観的な人がよく取る行動6選
楽観的な人は行動にも特徴があります。セロトニンを増やすための行動を取っているから、楽観的な人は常に楽観的なのです。
楽観主義者の特徴
楽観主義者には特徴があります。楽観主義者特有の特徴を知ることによって自分も楽観主義になることができます。
働きたくない死にたいという思考はセロトニンで変わる
働きたくない死にたいと考えている人はとても多いです。しかし、これはセロトニンを摂取するだけで驚くほど変わります。
働きたくても働けない人が取るべき手段
働きたくても働けないことで苦しんでいる人は多々いらっしゃいます。心の問題で働けない場合、セロトニンをサプリメントで増やしてください。
ポジティブな人になるために必要な条件
ポジティブな人は確かにいらっしゃいます。ポジティブな人間になりたければ、セロトニンを増やすための生活習慣を身につける必要があります。
前向きに生きる6つの方法
前向きに生きるのはとても簡単です。目標を設定し、セロトニンを増やせば誰でも簡単に前向きに生きることができます。