楽観的な人,行動,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

楽観的な人がよく取る行動6選

楽観的な人はなぜ楽観的なのでしょうか?

 

 

私もこの点は気になって仕方がなかったのですが、今は分かります。

 

 

楽観的な人はセロトニンを増やすための行動を取っているから楽観的なのです。

 

 

 

これしかありません。実際にライフハック系のサイトなどで語られている内容と比較し、いかに楽観的な人がよく取る行動がセロトニンを増やすのに有効なのかという観点で語らせて頂きます。

1.しっかり運動をする

楽観的な人はしっかり運動している人が多いですね。

 

楽観的な人,行動,

 

健康な体を保つとか、運動が好きとか色々と理由はあると思いますが「しっかり運動する」というのもセロトニンの観点から見たら分かりやすいんですよ。

 

 

運動する人ほどセロトニンが多く分泌されます。特に日中のリズム運動が効果的で、太陽の光を浴びながらランニングしたりウォーキングをしたりしている人は常に前向きで楽観的な人が多いですね。

 

 

そもそも楽観的だからこのように健康に良い運動ができると言い換えることができますが……。

 

 

 

 

セロトニンが多い人は常に前向きで行動的です。逆にセロトニンが足りていない人はいつも不幸で行動するのもダルいと思ってしまいます。

 

 

日中にしっかり運動するのはセロトニンを増やして楽観的になるのに大変効果的なのですが、セロトニンが不足しているとそのような行動を取る気にもならないのでまずはサプリメントを飲んでセロトニンを増やすことから始めるのが良いですよ。

2.昼夜逆転生活を送っていない

昼夜逆転生活はセロトニンを増やすという観点から見ると良くないですねー。

 

 

私もしばしば仕事の都合で夜行性になってしまうことがあるのですが、やはり朝にしっかり起きて太陽の光を浴びた方が楽観的に過ごすことができます。

 

 

 

夜中、なかなか眠れなかったり悲観的になったりしてしまうことがありませんでしたか?

 

 

これはセロトニンが不足しているから起きる現象なんですよ。セロトニンが足りていない夜中は本当に最悪で、将来の心配や自己否定の思考などが多く発生するので辛くて辛くて仕方ないのですね。

 

 

 

しかし、昼夜逆転生活を送っていない人は夜しっかり眠ることができるのです。だから朝もすっきり起きることができます。これもセロトニンが常に脳内に多く存在しているから昼夜逆転生活にならないということに注目してください。

 

 

 

夜勤をしている人はどうしてもセロトニンは少なくなる傾向が強いです。人間にとって太陽の光を浴びるのは普段から幸せに過ごすために重要なのですね。

3.楽観的な人は男性が多い

楽観的な人は男性が多いです。

 

 

 

勿論女性にも楽観的でポジティブな人はいらっしゃいますが、実は女性より男性の方がセロトニンの量が多いんですよ。

 

 

参照記事 女性は男性よりもセロトニンの量が少ない

 

 

女性は女性ホルモンが多いですからねー。この女性ホルモンが増えてしまうとセロトニンが大きく減少するのです。

 

 

 

また、生理によってセロトニンが減るのは確かです。生理時にイライラするのもセロトニンが減ったから起きる現象だということができます。

 

 

 

 

勿論男性でもいつも悲観的で愚痴ばかり言っている人もいらっしゃいますが、どちらかと言うと男性の方がセロトニンの量が多くて楽観的であるケースが多いのですよ。だからと言って女性が幸せになれないというわけではないので、安心してくださいね。

4.自分に自信を持って行動している

楽観的な人は自信を持って行動していますね。

 

楽観的な人,行動,

 

この自信の源は何かと私も本気で考えたことがあるのですが、やっぱりセロトニンの量ですね。

 

 

 

セロトニンが多く満たされている状態だと自分にも他人にも優しくなれるんですよ。

 

 

呼吸しているだけでも幸せですからね。自分に自信を持って行動することができるというのも、セロトニンが多いからです。逆にセロトニンが足りていないといつも自己否定ばかりしてしまうので自信を持って行動するどころではないんですよ。

 

 

 

セロトニンが足りているから自信が持てる。これは間違いないです。

 

 

 

これは私が身を持って経験しました。私はセロトニンが足りなくてうつ病だった頃は非常に辛い毎日を過ごしており、自己否定する日々が当たり前でした。

 

 

 

セロトニンが足りていない状態で休んでも悲観的な考えしか浮かばないし、自信を持って休めるわけがないんですね。

 

 

 

自信がない人に足りないのはセロトニンです。セロトニンさえ補給すれば自然と自分を愛することができ、他人に優しくなることができます。自信を持って行動することができるのは大変気持ち良いですよ。迷いがないですからね。

5.食生活がきっちり整っている

楽観的な人は食生活がきっちりしています。

 

栄養があるものを食べていますね。実際に高所得者ほど食事に気遣っているのですが、逆にいつも悲観的な人はカップラーメンやインスタント食品で日々の食事を済ませていることが多いです。

 

 

 

これは大変良くないです。

 

 

 

楽観的か否かというのは食事の影響も大きく受けます。私は牛肉を食べるのが大好きなのですが、牛肉にはセロトニンの原料となるトリプトファンがたっぷり含まれているから意識して食べるようにしています。

 

 

お陰さまで毎日幸せで意欲的です。この状態が本物の楽観的な状態なのかと感動しました。

 

 

 

食事やサプリメントでセロトニンを増やすのが楽観的な行動を取るコツですね。

6.セロトニン分泌をサポートするサプリメントを飲んでいる

楽観的な人が常に前向きなのは、セロトニンに困っていないからです。

 

 

 

セロトニン分泌をサポートするサプリメントを飲んでいるという人もいらっしゃいますね。

 

 

休息不足が辛い方におすすめのサプリメント

 

 

セロトニン不足で悩んでいる人はサプリメントを飲むのが良いですよ。まずはサプリメントにセロトニン分泌をサポートしてもらい、楽観的な性格を目指しましょう!

セロトニンを増やしたい人が飲むべきサプリメントランキング!





一位 マインドガードDX粒タイプ


マインドガードDX粒タイプ


二位 マインドガードDX


マインドガード


関連ページ

悲観的になる原因とは?
悲観的になる原因は脳内物質のセロトニンが不足するからです。人間は性格ではなく、脳内物質によって思考が決まります。
イライラするのは本当に病気なのか
すぐにイライラする人は病気という風潮が強いのですが、実はただセロトニンが足りていなかっただけということがよくあります。
悲観的な人はなぜ悲観的なの?
悲観的な人が悲観的である理由は、幸福ホルモンのセロトニンが足りていないからです。
楽観主義になる方法
楽観主義になる方法について解説しています。楽観主義になるのは難しいことではなく、脳内物質のセロトニンを増やせば良いだけです。
前向きな考え方を簡単に身につける方法
前向きな考え方は簡単に身につけることができます。欧米人は前向きな人が多いのですが、これはセロトニンが脳内に沢山存在しているからです。
悲観的な性格は治すことができる!
悲観的な性格は治すことができます! 悲観的な性格の人はセロトニンが足りないという明確な原因があるのです。
楽観的になる方法は簡単!
楽観的になるのはとても簡単です! 楽観的か悲観的かの違いは脳内のセロトニンの量の違いだけなので、楽観的になりたければセロトニンを増やせば良いのです。
悲観脳を治すために必要なのはセロトニン
いつも楽観的な人との違いと、いつも悲観的な人の違いはセロトニンの量です。セロトニンを増やせば悲観脳は治ります。
悲観主義から楽観主義になることは可能!
悲観主義から楽観主義になることは可能です! 悲観主義の人が悲観的である理由は脳内のセロトニンが不足しているからです。
何もしたくないのって本当に病気?
何もしたくないのは本当に病気なのでしょうか? 実はただのセロトニン不足であることがほとんどです。
楽観主義者の特徴
楽観主義者には特徴があります。楽観主義者特有の特徴を知ることによって自分も楽観主義になることができます。
働きたくない死にたいという思考はセロトニンで変わる
働きたくない死にたいと考えている人はとても多いです。しかし、これはセロトニンを摂取するだけで驚くほど変わります。
働きたくても働けない人が取るべき手段
働きたくても働けないことで苦しんでいる人は多々いらっしゃいます。心の問題で働けない場合、セロトニンをサプリメントで増やしてください。
ポジティブな人になるために必要な条件
ポジティブな人は確かにいらっしゃいます。ポジティブな人間になりたければ、セロトニンを増やすための生活習慣を身につける必要があります。
前向きに生きる6つの方法
前向きに生きるのはとても簡単です。目標を設定し、セロトニンを増やせば誰でも簡単に前向きに生きることができます。