楽観主義,特徴,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

楽観主義者の特徴

楽観主義者には楽観主義でいつづけるための条件が存在します。

 

 

 

楽観主義者の特徴を知ることによって自分も楽観主義になることができ、悲観的思考を改善することができます。楽観主義者は一体どのような思考・行動を取っているのでしょうか?

1.太陽の光をしっかり浴びている

楽観主義者は太陽の光を普段からしっかり浴びている人がほとんどですね。

 

楽観主義,特徴,

 

なぜ太陽の光が重要かというと、脳内ホルモンのセロトニンを増やすことができるからなんですよ。楽観主義者はセロトニンに満ち足りていることがほとんどで、それが全てと言っても過言ではありません。

 

 

太陽の光をしっかり浴びているから精力的に行動を起こすことができるのです。

 

 

 

私も試したことがあるのですが、太陽の光を浴びると気分がどんどん晴れやかになっていくんですよね。特に太陽の下で散歩をするとセロトニンがガシガシ分泌されるのでとても良い気分になりますよ。

 

 

楽観主義者はセロトニンを増やすのに良い習慣を身に着けているから楽観的なのです。

2.運動する習慣がある

運動する習慣がある人は楽観的であることが多いですね。

 

楽観主義,特徴,
これも明確な理由が存在し、人間は運動をすることによってセロトニンを増やすことができるのです。また、運動自体にストレス解消効果があるので運動をするだけでますます楽観的になるのです。

 

 

 

楽観主義者は運動する習慣がある人が多いです。

 

 

しかし、悲観的な人ほど太陽の光を浴びなかったり運動をしなかったりすることがほとんどです。悲観的思考の人はセロトニンを増やすための行動を取っていないから悲観的なのです。

3.自分のやりたいこと、進むべき道が明確に分かっている

楽観主義者は自分のやりたいことや進むべき道が明確化されていますね。

 

 

これは結構難しいハードルですね……。

 

 

実は私も自分のやるべきことが分からなくて悩んでいた時期があったんですよ。どう行動したら良いかも分からないし、そもそもやりたいことがないという感じで迷走していた時期がありました。

 

 

 

今は違います。やりたいことが見つかりました。

 

 

 

それは自分の力を発揮してできるだけ多くの人に貢献させて頂くというものです。当サイトを運営しているのもその理由が大変大きく、「セロトニンを増やせば幸せになれますよ」という情報をできるだけ多くの人に知って貰って幸せになって欲しいと願っているのです。

 

 

 

 

まあ、私のことはどうでも良いのですが、こういう風に自分のやりたいことや進むべき道が明確化されていると迷いがなくなるんですよ。

 

 

 

そうなると楽観的になりますね。思考が自然と楽観的になります。

 

 

 

 

 

しかし、そうは言ってもなかなか自分のやりたいことが見つからない人がほとんどだと思います。凄く分かります。私もやりたいことなんてなくて人生はつまらないものだと信じ込んでいましたから。

 

 

 

そういう人は無理やり、やりたいことを見つけるのではなくセロトニンを増やすことから始めるのが良いですよ。セロトニンを増やすことによって思考は自然と楽観的になりますから、そこからやりたいことを見つけだす道を歩むのも遅くないです。

4.他者に貢献することに徹している

楽観主義者は他者に貢献することに徹していますね。

 

楽観主義,特徴,

 

実は私はこの考え方が好きではありませんでした……。

 

 

私の心が病んでいたというのもありますが、他者に貢献するというのは綺麗事だと思っていたのです。例えば自己顕示欲を満たすためにボランティアしている人を多く見てきたので、なおさらそういうイメージがついてしまったのです。

 

 

 

確かに自己顕示欲目的の人もいると思いますが、随分捻くれた考えです。

 

 

 

 

セロトニンが不足しているとこのように捻くれた思考になってしまうんですよ。常に悲観的ですからね。悲観的だし行動力もない。自分自身が他者に貢献する力がないから、「他者に貢献する人生」を歩んでいる人が羨ましくて仕方ないのですね。

 

 

 

そりゃあ、ただ漠然と生きているよりも他者に貢献して感謝を貰う人生の方が素晴らしいに決まっていますよね。でも、自分が幸せになれないと他者に貢献して幸せにするのが最高ということには気づけないので、まずは自分が幸せになることから始めてください。

5.自分が正しいと確信している道を進んでいる

自分が正しいと確信して行動している人は強いです。迷いがないですし、最強です。

 

 

 

こういう人って結局、「自分」があるから迷いがないんですよね。

 

 

例えば私は以前は凄くブレブレで何が正しくて何が間違っているのか分かりませんでした。今も分かりませんけどね。

 

 

 

でも、「他者の役に立つのが最高の人生の歩み方なんだ」と今は確信しているので迷いがないんですよ。例えばこの記事を読んでいるあなたの役に立つ情報をお届けずるためにはどうしたら良いかと考えながらサイトを作ったり仕事をしたりするのが楽しくて仕方ないのですね。

 

 

 

 

人によって正しさや正義は違います。

 

 

 

だから自分が正しいと確信できる道を歩むのが良いんですよ。それを見つけるのがなかなか難しいというのは事実ですが、自分が幸せになるために生きるというのも全然良いんですよ。幸せに生きるために必要なのがセロトニンですね。

6.セロトニンが脳内に沢山存在する

結局、楽観主義者はセロトニンが脳内に沢山存在しているから楽観的思考を保つことができるんですよ。

 

 

 

ここに気づくまで本当に長い時間がかかりました……。

 

 

ですからあなたも楽観的思考を身につけ、楽観主義者になりたければセロトニンを増やすことから心がけるのが良いですよ。セロトニンに満ち足りている状態だったら「今」が幸せなので、思考も行動も変わっていきますから。

セロトニンを増やしたい人が飲むべきサプリメントランキング!





一位 マインドガードDX粒タイプ


マインドガードDX粒タイプ


二位 マインドガードDX


マインドガード


関連ページ

悲観的になる原因とは?
悲観的になる原因は脳内物質のセロトニンが不足するからです。人間は性格ではなく、脳内物質によって思考が決まります。
イライラするのは本当に病気なのか
すぐにイライラする人は病気という風潮が強いのですが、実はただセロトニンが足りていなかっただけということがよくあります。
悲観的な人はなぜ悲観的なの?
悲観的な人が悲観的である理由は、幸福ホルモンのセロトニンが足りていないからです。
楽観主義になる方法
楽観主義になる方法について解説しています。楽観主義になるのは難しいことではなく、脳内物質のセロトニンを増やせば良いだけです。
前向きな考え方を簡単に身につける方法
前向きな考え方は簡単に身につけることができます。欧米人は前向きな人が多いのですが、これはセロトニンが脳内に沢山存在しているからです。
悲観的な性格は治すことができる!
悲観的な性格は治すことができます! 悲観的な性格の人はセロトニンが足りないという明確な原因があるのです。
楽観的になる方法は簡単!
楽観的になるのはとても簡単です! 楽観的か悲観的かの違いは脳内のセロトニンの量の違いだけなので、楽観的になりたければセロトニンを増やせば良いのです。
悲観脳を治すために必要なのはセロトニン
いつも楽観的な人との違いと、いつも悲観的な人の違いはセロトニンの量です。セロトニンを増やせば悲観脳は治ります。
悲観主義から楽観主義になることは可能!
悲観主義から楽観主義になることは可能です! 悲観主義の人が悲観的である理由は脳内のセロトニンが不足しているからです。
何もしたくないのって本当に病気?
何もしたくないのは本当に病気なのでしょうか? 実はただのセロトニン不足であることがほとんどです。
楽観的な人がよく取る行動6選
楽観的な人は行動にも特徴があります。セロトニンを増やすための行動を取っているから、楽観的な人は常に楽観的なのです。
働きたくない死にたいという思考はセロトニンで変わる
働きたくない死にたいと考えている人はとても多いです。しかし、これはセロトニンを摂取するだけで驚くほど変わります。
働きたくても働けない人が取るべき手段
働きたくても働けないことで苦しんでいる人は多々いらっしゃいます。心の問題で働けない場合、セロトニンをサプリメントで増やしてください。
ポジティブな人になるために必要な条件
ポジティブな人は確かにいらっしゃいます。ポジティブな人間になりたければ、セロトニンを増やすための生活習慣を身につける必要があります。
前向きに生きる6つの方法
前向きに生きるのはとても簡単です。目標を設定し、セロトニンを増やせば誰でも簡単に前向きに生きることができます。