働きたくない,死にたい,セロトニン,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

働きたくない死にたいという思考はセロトニンで変わる

「働きたくない 死にたい」という検索キーワードで当サイトを訪れた方はこの記事が必ず役に立ちます。

 

 

 

その悩み、セロトニンを増やせば解決することができますから。

私も働きたくなくて死にたい時期があった

私は今は物凄く仕事を楽しんでいるのですが、昔は仕事を楽しんでいる人が信じられませんでした。

 

働きたくない死にたいという思考はセロトニンで変わる

 

「仕事が好き! 仕事が楽しい!」と声高に叫ぶ人はたくさんいらっしゃいますが、ぶっちゃけた話これは嘘だと思っていたんですよね。ただ無理しているだけか、仕事が楽しくて充実している自分をアピールするためにそんなことを公言しているのだと思っていました。

 

 

 

 

仕事=つまらない

 

 

 

このイメージが定着している人は大変多いです。私もまんまこのイメージが染み付いており、仕事が面白いと言っている人間は絶対に嘘をついていると思っていました。人間関係は最悪だし、いつもルーチンワークばかりで辛いというのが私の仕事の印象でした。

 

 

 

 

 

この働きたくなくて死にたい気分を本気でどうにかしたいと思ったのですが、これはセロトニンを増やすことで変わりました。

 

 

 

 

人間はセロトニン不足になるとうつ病になります。ありえないほど悲観的になります。

 

 

 

 

働きたくないという人はセロトニンが確実に不足しています。セロトニンは幸福ホルモンの一つなのですが、このセロトニンが脳内に不足していると必ずネガティブで自己否定的な考えが頭に浮かぶのです。これはもう既に脳科学で証明されている事実です。

 

 

 

 

「それならばセロトニンを増やせば働く意欲が増すし、死にたいという気持ちも抑えることができるのでは?」と考えたのが始まりでした。

セロトニンが増えると仕事が楽しくなる

私はマインドガードDXというサプリメントを飲んでセロトニン分泌をサポートして貰いました。

 

 

 

他にもリズム運動をしたり食生活を変えたりと色々行ったのですが、セロトニンが増えて分かったことがいくつかあります。

 

 

 

 

何もしないでも幸せな気分に浸れる

 

これは衝撃的でした。

 

 

 

私は超がつくほどのネガティブで一日中否定的な考えしか思い浮かばなかった人間なのですが、そんな私でもセロトニンを増やせば変わるんですね。一日中幸せな気分で過ごすことができますし、ネガティブ思考が全く消え去ったんですよ。

 

 

 

もちろん死にたいという願望もなくなりました。

 

 

 

死にたいという欲求は、結局は現実からの逃避なのだと思っています。生きているだけで辛いから死にたくなるのであり、呼吸しているだけでも幸せな状態だったら絶対に死にたくならないのですね。

 

 

 

うつ病で自殺した人はセロトニンが圧倒的に不足しています。

 

 

 

 

セロトニンが足りないから悲観的になってしまい、絶望してしまうのです。

 

 

 

私はセロトニンを増やしたことによって思考が180度変わったのですが、よくもまあ人間はここまで思考が変わるものだなと思いました。しかも難しいことは何もしていないのです。私が行ったのはセロトニンを増やしたことだけで、他には何もしないません。自己啓発的な行動も一切取っていないのです。

 

 

 

 

死にたいという欲求はセロトニンを増やすことによって確実に消えます。まず、そこをご理解いただけれは大変ありがたいです。

 

 

 

 

セロトニンが増えると仕事がしたくなる

 

 

これは私も予想していなかった効果なのですが、セロトニンが増えると仕事がしたくなるんですよ。

 

 

 

「セロトニンは幸福ホルモンでしょ? 仕事とは関係ないよね?」と疑問を抱く人も多いと思います。

 

 

 

これは私がセロトニンを増やして実際に感じたことなのですが、セロトニンを増やすとまず自分が幸せになります。

 

 

 

自分が幸せになると心に余裕ができるから、どんどん人のためになることをしようと思えるようになるのですね。

 

 

 

これは大変不思議な感覚でした。今までの私は超自己中で、典型的な自分さえ良ければ良いという人間でしたから。だから不幸だったのだと今は理解できるのですが、自分が幸せではないときは視野が狭いので気づかないのです。

 

 

 

 

自分が満たされる

幸せだから、他者の役に立ちたいという願望が生まれる

他者の役に立つために仕事をするから仕事が楽しくなる。もっと働きたくなる。

 

 

 

私はこんな感じでした。

 

 

働きたくない気持ちは凄く分かります。働きたくないという根本的な原因は、「セロトニン不足で自分が不幸」だからなんです。

 

 

 

逆に言えばセロトニンさえ増やせば死にたいというネガティブな考えは消え、自分から精力的に働きたいと思うようになりますよ。

セロトニンの原料はマインドガードDXから摂取しよう!

働きたくない死にたいと考えている人は、セロトニンサプリを飲んでください。

 

 

私が一番良いと実感したのはマインドガードDXですね。

 

 

休息不足が辛い方におすすめのサプリメント

 

 

 

セロトニンを増やし、質の高い休息を取るために開発されたサプリメントなので日頃お疲れのあなたに向いています。

 

 

まずはセロトニンが増えたときの感覚を実感してください。頑張る必要は一切ありません。セロトニンを増やせば解決するので、セロトニンを増やすことだけを意識してください。

セロトニンを増やしたい人が飲むべきサプリメントランキング!





一位 マインドガードDX粒タイプ


マインドガードDX粒タイプ


二位 マインドガードDX


マインドガード


関連ページ

悲観的になる原因とは?
悲観的になる原因は脳内物質のセロトニンが不足するからです。人間は性格ではなく、脳内物質によって思考が決まります。
イライラするのは本当に病気なのか
すぐにイライラする人は病気という風潮が強いのですが、実はただセロトニンが足りていなかっただけということがよくあります。
悲観的な人はなぜ悲観的なの?
悲観的な人が悲観的である理由は、幸福ホルモンのセロトニンが足りていないからです。
楽観主義になる方法
楽観主義になる方法について解説しています。楽観主義になるのは難しいことではなく、脳内物質のセロトニンを増やせば良いだけです。
前向きな考え方を簡単に身につける方法
前向きな考え方は簡単に身につけることができます。欧米人は前向きな人が多いのですが、これはセロトニンが脳内に沢山存在しているからです。
悲観的な性格は治すことができる!
悲観的な性格は治すことができます! 悲観的な性格の人はセロトニンが足りないという明確な原因があるのです。
楽観的になる方法は簡単!
楽観的になるのはとても簡単です! 楽観的か悲観的かの違いは脳内のセロトニンの量の違いだけなので、楽観的になりたければセロトニンを増やせば良いのです。
悲観脳を治すために必要なのはセロトニン
いつも楽観的な人との違いと、いつも悲観的な人の違いはセロトニンの量です。セロトニンを増やせば悲観脳は治ります。
悲観主義から楽観主義になることは可能!
悲観主義から楽観主義になることは可能です! 悲観主義の人が悲観的である理由は脳内のセロトニンが不足しているからです。
何もしたくないのって本当に病気?
何もしたくないのは本当に病気なのでしょうか? 実はただのセロトニン不足であることがほとんどです。
楽観的な人がよく取る行動6選
楽観的な人は行動にも特徴があります。セロトニンを増やすための行動を取っているから、楽観的な人は常に楽観的なのです。
楽観主義者の特徴
楽観主義者には特徴があります。楽観主義者特有の特徴を知ることによって自分も楽観主義になることができます。
働きたくても働けない人が取るべき手段
働きたくても働けないことで苦しんでいる人は多々いらっしゃいます。心の問題で働けない場合、セロトニンをサプリメントで増やしてください。
ポジティブな人になるために必要な条件
ポジティブな人は確かにいらっしゃいます。ポジティブな人間になりたければ、セロトニンを増やすための生活習慣を身につける必要があります。
前向きに生きる6つの方法
前向きに生きるのはとても簡単です。目標を設定し、セロトニンを増やせば誰でも簡単に前向きに生きることができます。