何もしたくない,病気,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

何もしたくないのって本当に病気?

何もしたくないのって本当に病気なのでしょうか?

 

 

 

「最近何に対しても意欲が持てないの……」

 

 

「一日中寝てばかりいる」

 

 

「人生がつまらない。仕事もつまらない」

 

 

「生きているのが辛い」

 

 

 

 

これらの悩みを抱えている人って本当に多いですよね!

 

 

 

はい。これは全て昔の自分が抱えていた悩みでした……。

 

 

最初に結論から申し上げてしまいますが、何もしたくないのってただのセロトニン不足であることがほとんどなんですよ。セロトニンが不足している状態が「うつ病」という病気だと言い換えることもできますね。

何に対してもやる気がなくて悩んでいた

私も何に対してもやる気がなくて悩んでいました……。

 

 

今は日々の仕事もやる気満々で毎日楽しく過ごすことができていますが、以前の私は本当に酷かったです。

 

 

【1日13時間寝ることが普通だった】

 

 

以前の私は1日13時間睡眠が普通でした。

 

 

何もしたくないのって本当に病気?

 

 

これ、疲れたときに13時間睡眠を取るのはまだ良いのですが、私は毎日平均して13時間寝ていましたからね……。救いのないダメ人間生活を送っていました。

 

 

 

その頃は完全なフリーター状態で時間だけは余っていたんですよ。でもやる気がでないし将来の自分に不安しかないし、一日中寝て現実逃避するという暴挙を繰り返していたのですね。

 

 

 

こういう人って私以外にも多いと思います。

 

 

なぜこんな感じになってしまうかというと、セロトニンが不足して不幸だからなんですよ。辛い現実から逃れるために睡眠という名の逃避に走ってしまうのです。私は不眠に悩まされていた時期もあったのですが、この悩みから解放されたと思ったら次は仮眠ですからね。ほんと極端だなと思います。

 

 

 

 

現実が辛いから睡眠に逃避するのです。この根本的な原因はセロトニン不足です。セロトニンが足りていないから生きていることが辛くなるのです。

 

 

 

 

セロトニンが足りていない人はみんなうつ病と言われていますからね。セロトニン不足がやる気がなくなる原因であることは意外と知られていないのです。

心が安定しないとやる気はでない

これは断言することができるのですが、心が安定しないとやる気を出すのは不可能なんですよ。

 

 

何とかして自分を奮い立たそうとしても、「どうせ自分は何をしてもダメなんだ……」という形で自己嫌悪に陥ってしまいますからね。

 

 

心が安定すれば自己否定することもなくなりますし、自分を愛することができるようになります。セロトニンが不足している人に圧倒的に多いのは自分に対する愛が不足していることです。セロトニンが足りていないから自分を好きになれないのだと思いますが、それは大変勿体ないことです。

 

 

 

自信は自分を好きにならなければ身につきませんから。

 

 

 

私も自信がなくて悩んでいました。何をしても上手くいかないし、何をしたら良いかも分からない。まさに人生に絶望を感じていた時期でした。

 

 

 

でも、セロトニンを増やすことによって解決しましたね。

 

 

セロトニンが不足するとうつ病になるという仮説は有名ですが、これは本当だと思います。セロトニンが足りていないと悲観的なことばかり考えたり自己否定に走ったりしてしまうので、やる気が出るわけがないんですね。この心理だと何もしたくないのは当然です。

 

 

 

そのため、やる気を出したければ心を安定させることから始めた方が良いですよ。

 

 

 

何もしたくないのに無理やりやる気を出そうとする必要はありません。やる気を出そうとしても一瞬はやる気になるのですが、すぐにまた「どうせ自分は何をやってもダメなんだろうな……」という自己否定の感情が生まれますから。あと、無理している感じもしますしね。

 

 

 

心を安定させるコツはセロトニン分泌をサポートしてくれるサプリメントを飲んで、しっかり休むことです。何もしなくて良いのでセロトニンを増やすことだけを心がけてください。

 

 

 

私はこれで何もしたくない病を改善することができました。

リフレッシュできていないから何もしたくない

人間はメリハリが大切です。

 

 

24時間働き続けるのは絶対に不可能です。私は実践したことがあるのですが、睡眠時間が3時間程度で残りの時間はずっと働き続けるというのもやめた方が良いですね。精神が病んでしまいます。

 

 

 

質の高い休息や睡眠を取っていないと人間は疲れてしまうんですよ。

 

 

 

 

体の疲れもそうですが、深刻なのは心の疲れです。心が疲れてしまうと仕事に他1日1食するやる気もなくなってしまいますし、自分が生きている意味すらも分からなくなってしまいます。

 

 

 

人間はしっかり休むことによって健全な精神を維持することができるのです。

 

 

 

そういう意味でもセロトニンは有効なんですよ。セロトニンを増やすと多幸感を味わえるだけではなく、睡眠や休息の質も高くなるので心も体もリフレッシュすることができます。

 

 

 

しかも睡眠は毎日取る必要がありますからね。セロトニンに満ち足りていてしっかり休まっている人と、セロトニン不足でしっかりとした睡眠が取れない人は長い目で見ると段違いですよ。

 

 

 

 

何もしたくないのは病気ではなく、セロトニン不足です。セロトニンを補給してゆっくり休めば解決しますので、ご安心ください。

セロトニンを増やしたい人が飲むべきサプリメントランキング!





一位 マインドガードDX粒タイプ


マインドガードDX粒タイプ


二位 マインドガードDX


マインドガード


関連ページ

悲観的になる原因とは?
悲観的になる原因は脳内物質のセロトニンが不足するからです。人間は性格ではなく、脳内物質によって思考が決まります。
イライラするのは本当に病気なのか
すぐにイライラする人は病気という風潮が強いのですが、実はただセロトニンが足りていなかっただけということがよくあります。
悲観的な人はなぜ悲観的なの?
悲観的な人が悲観的である理由は、幸福ホルモンのセロトニンが足りていないからです。
楽観主義になる方法
楽観主義になる方法について解説しています。楽観主義になるのは難しいことではなく、脳内物質のセロトニンを増やせば良いだけです。
前向きな考え方を簡単に身につける方法
前向きな考え方は簡単に身につけることができます。欧米人は前向きな人が多いのですが、これはセロトニンが脳内に沢山存在しているからです。
悲観的な性格は治すことができる!
悲観的な性格は治すことができます! 悲観的な性格の人はセロトニンが足りないという明確な原因があるのです。
楽観的になる方法は簡単!
楽観的になるのはとても簡単です! 楽観的か悲観的かの違いは脳内のセロトニンの量の違いだけなので、楽観的になりたければセロトニンを増やせば良いのです。
悲観脳を治すために必要なのはセロトニン
いつも楽観的な人との違いと、いつも悲観的な人の違いはセロトニンの量です。セロトニンを増やせば悲観脳は治ります。
悲観主義から楽観主義になることは可能!
悲観主義から楽観主義になることは可能です! 悲観主義の人が悲観的である理由は脳内のセロトニンが不足しているからです。
楽観的な人がよく取る行動6選
楽観的な人は行動にも特徴があります。セロトニンを増やすための行動を取っているから、楽観的な人は常に楽観的なのです。
楽観主義者の特徴
楽観主義者には特徴があります。楽観主義者特有の特徴を知ることによって自分も楽観主義になることができます。
働きたくない死にたいという思考はセロトニンで変わる
働きたくない死にたいと考えている人はとても多いです。しかし、これはセロトニンを摂取するだけで驚くほど変わります。
働きたくても働けない人が取るべき手段
働きたくても働けないことで苦しんでいる人は多々いらっしゃいます。心の問題で働けない場合、セロトニンをサプリメントで増やしてください。
ポジティブな人になるために必要な条件
ポジティブな人は確かにいらっしゃいます。ポジティブな人間になりたければ、セロトニンを増やすための生活習慣を身につける必要があります。
前向きに生きる6つの方法
前向きに生きるのはとても簡単です。目標を設定し、セロトニンを増やせば誰でも簡単に前向きに生きることができます。