新型うつ病,対策,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

新型うつ病の特徴と対策方法

従来のうつ病とは違った新型うつ病というものが存在します。

 

 

この新型うつ病、ただの甘えだとか怠け者の言い訳と批判されることがありますが、断じて違います。新型うつ病に悩まされている人は普段からセロトニンが不足して起こってしまうので、セロトニンを増やさないかぎり新型うつ病は治らないのです。

 

 

では、新型うつ病の特徴と対策方法を解説させて頂きます。

新型うつ病とは一体何なの?

そもそも新型うつ病とは一体何なのでしょうか?

 

新型うつ病の特徴と対策方法

 

従来のうつ病は何もやる気がしなくて仕事をしても遊びに行っても楽しくないというのが特徴ですが、新型うつ病は違います。

 

 

 

新型うつ病は一般のうつ病よりは症状が柔らかく、「仕事や勉強のやる気は全く出ないけど、遊びに行ったりデートをしたりするのはやる気がある」という状態になります。

 

 

 

だから新型うつ病は誤解されやすいんですよね……。

 

 

 

 

うつ病も新型うつ病も原因は一緒なんです。どちらもセロトニン不足が原因で起こる現象で、セロトニンさえ補給すれば解決するケースがほとんどです。

なぜ新型うつ病は遊びに行く気力があるのか?

新型うつ病の最大の特徴は、遊びに行くことはできるけど仕事や勉強をするのは無理という点です。

 

 

これは脳内物質のセロトニンが大きく関係しているのですね。

 

 

 

セロトニンが増える条件は色々ありますが、一番大きいのは自分の好きなことをしたり遊んだりしたときです。遊びに行くときはセロトニンが出るのが普通なので、大きな幸福感を抱くんですよ。

 

 

 

だから新型うつ病は通常のうつ病の人よりも症状が柔らかいのです。

 

 

 

 

私は新型うつ病から一般のうつ病まで症状が悪化したことがありますが、地獄でした……。新型うつ病は存在自体が甘えだと思って無理矢理でも仕事をしていたのですが、それが良くなかったのです。無理をした結果、何をしても楽しくない本うつ病状態になってしまい、一日中死ぬことばかり考えていました。

 

 

 

 

新型うつ病の人が取るべき行動はダメな自分を責めることではありません。

 

 

とにかく楽しむことです。楽しむことによってセロトニンを大きく増やすことができるので、次第に仕事をする意欲も湧いてきます。逆に言えば新型うつ病なのに頑張るというのは絶対に行ってはいけないのです。

 

 

 

まだ遊びに行ったときに楽しめるだけマシなんですよ。

 

 

 

深刻なうつ病まで発展したら遊びに行くことすら苦痛になります。といいますか、遊びに行く気力すらなくなると言った方が正しいですね。

 

 

 

とにかく体がダルくなるんです。呼吸をしていることすら辛いから常に横になり、この世界から消えたいと望む。この状態まで悪化したら本当に人生が辛くて仕方ないので、新型うつ病の時点で治すべきなんです。

 

 

 

 

新型うつ病で遊びに行く気力があるのはとても良いことなんですよ。どんどん遊びに行ってください。新型うつ病の人が取るべき行動は自分をいたわり、遊びに行くことを楽しんでセロトニンを増やすことなんです。

新型うつ病になると睡眠時間が長くなる!

新型うつ病になると睡眠時間が凄く長くなりますね。

 

新型うつ病の特徴と対策方法

 

私は1日14時間寝ていたときもありました。これがまた新型うつ病の誤解されやすいポイントなのですが、睡眠時間が長くなってしまうのはセロトニンが不足しているからなんですね。

 

 

質の高い休息が取れていないんです。

 

 

 

 

睡眠時間が長くなるというのはなにげに厄介です。

 

 

睡眠時間が伸びることによって自分を責める感情が強くなるからです。

 

 

 

「何をやっているんだろう。こんなに寝てばかりいて本当にダメ人間だ」

 

 

「昔はこうじゃなかったのに、どうしてこんなことになってしまったんだろう」

 

 

「生きているのが辛い。ずっと寝ていたい……」

 

 

 

上記のセリフは新型うつ病の人がよく考えることですね。

 

 

睡眠時間が長くなるのは二つ理由があります。まず一つ目にセロトニンが不足して上質な睡眠が取れなくなってしまうことです。

 

 

 

睡眠時間が短くても平気な人は普段からセロトニンで満たされている状態だから、睡眠時間が少なくても大丈夫なのです。しかし、新型うつ病の人は完全にセロトニンが不足しているので長い睡眠を取らないと体が休まらないのです。

 

 

 

また、寝て現実逃避したいという点もありますね。

 

 

 

現実で生きているのが苦しくて仕方ないから睡眠に逃避してしまうのです。これはうつ病の人にありがちな症状で、睡眠時間が長くなってしまうのも「逃避」という側面が強いのですね。

 

 

とはいえ、逃避する分には良いのです。とにかく大切なのは心と体を休めることですので、睡眠時間が長くなっても気にしないのが大切です。

新型うつ病はセロトニンを増やせば治る!

このように新型うつ病は様々な症状が現れますが、セロトニンを増やせば治ります。

 

 

 

多くの精神科が新型うつ病に対し、「遊びに行ったり罪悪感を抱かないで休んだりする必要がある」と言っているのもセロトニンを増やすのが最善の治療方法だからなんですよ。

 

 

実際に新型うつ病は抗うつ剤や心理療法が有効だと言われています。この抗うつ剤もセロトニンの量が少なくなるのを抑える働きがありますからね。

 

 

 

 

できれば普段からサプリメントを飲んでセロトニンを補給した方が良いですね。

 

 

 

休息不足が辛い方におすすめのサプリメント

 

 

 

私はマインドガードDXを飲んだおかげでセロトニン不足を対策することができました。新型うつ病の人は休息不足で悲観的になってしまうことが多いため、ぜひサプリメントを飲んで自分を労ってあげてください。

セロトニンを増やしたい人が飲むべきサプリメントランキング!





一位 マインドガードDX粒タイプ


マインドガードDX粒タイプ


二位 マインドガードDX


マインドガード


関連ページ

うつで何もしたくない人がするべきこと
うつになると何もしたくなくなります。その気持ちは凄く分かるのですが、せめてセロトニンだけは補給してください。
うつ病でイライラしたときの対処法
うつ病だと悲観的になり、心の余裕がなくなってイライラします。これは脳内にセロトニンが不足しているから起こる現象です。
うつ病でも気分転換する方法
うつ病でも気分転換することは可能です。一番良い気分転換はセロトニンを補給してゆっくり寝ることです。
うつ病を克服するために行うべきこと
うつ病になってしまう原因はストレスによるセロトニン不足です。セロトニンを増やせばうつ病は克服することができます。
躁鬱病の原因と治療方法は?
躁鬱病は脳内物質のセロトニンが不足して発生するのが原因です。