うつ病,克服,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

うつ病を克服するために行うべきこと

うつ病は大変辛い症状です。

 

 

結論から申し上げるとうつ病は脳内の幸福ホルモンのセロトニンが過度に不足しているから起こる現象なので、セロトニンを増やさないかぎりうつ病は治らないのです。精神科から貰える抗うつ剤もセロトニンを抑える働きがあるからうつ病克服に効果的なのです。

 

 

 

ご安心ください。うつ病は克服できます。

 

 

 

では、どうしたらうつ病を完全に克服することができるのか正しいうつ病克服情報を記載させて頂きます。

1.まずはしっかり休むこと! 休むのが一番大切!

うつ病の人が取るべき行動はしっかり休むことです。

 

うつ病を克服するために行うべきこと

 

もうこれは絶対に必要です。私もうつ病経験者だったので分かるのですが、うつ病というのは脳内物質のバランスが崩れてしまって起きる完全な病気です。

 

 

風邪を引いたときに生姜湯を飲んでゆっくり寝るように、うつ病の人もゆっくり休むべきなのです。まず休まないとセロトニンを増えませんし、うつ病になると24時間悲観的に物事を考えてしまうので生きているだけで辛いんですよね。

 

 

 

そんな辛い現実から逃れるためにもしっかり休むというのはとても大切です。うつ病は真面目な人ほど発症しやすい病気だと言われていますが、これは本当です。真面目であればあるほど自分の厳しいので、ダラケている自分に価値がないと思ってしまうのですね。

 

 

 

しかし、その考えをうつ病を悪化させてしまうのも事実です。

 

 

 

周囲の意見や周りの言動なんか気にする必要はありません。自分のためにゆっくり休んでください。そして元気になったときに今後どうするか考えたら良いのです。

 

 

 

セロトニンが圧倒的に足りていないうつ病の人は将来のことを考えるべきではないのです。なぜかというと考えたところで悲観的な結論しか思い浮かばないからです。うつ病の人が休むことを推奨されているのは、「休んでセロトニンを増やす必要があるから」なんですね。

 

 

 

 

だから休むというのも立派な生産的な行動なのです。休んでいる自分を責める必要は全くありません。

2.自分を否定する必要はない。頑張る必要もない。

うつ病の人に「頑張れ!」というのは禁句だというのは有名です。

 

 

これは本当です。

 

 

 

うつ病の人はセロトニン不足の状態であるため、励ましの言葉は無用なのです。なぜかと言うとその励ましの言葉がうつ病の人からすれば自分を追い詰める言葉になってしまうからです。

 

 

 

「将来のために行動しよう!」→今、行動できない自分はダメなんだ……。

 

 

「努力すれば上手くいく」→努力もできない自分はクズだ。

 

 

「休んでばかりだと状況は好転しない」→この辛い状況は変わらないのか。死んだ方が良いな。

 

 

 

 

冗談抜きでこういう風に考えてしまうんですよ。

 

 

これらは全てセロトニン不足によって起きる思考です。人間はセロトニンが不足していると全ての物事を悲観的に考えてしまうのです。だからすそうつ病の人に励ましは無用で、ゆっくり休むのが最善策になるのです。

 

 

 

うつ病の人は努力家で真面目な人が多いため、うつ病になって休まなくてはいけないときも自分のことを責め続けます。しかし、責める必要もなければ頑張る必要もないのです。

 

 

 

むしろ頑張ってしまうとうつ病が悪化するので、絶対に頑張らない方が良いのです。行動したくなければ行動しなくて良いことを心がけてください。

3.気分が楽なときは日中に散歩するとセロトニンが増えてグッド!

これは絶対に行うべき方法ではなく、気分が楽なときだけで良いです。

 

 

 

今日はわりかし体調が良いなーと思ったら散歩をしてみてください。決して無理をする必要はありませんので、辛くなってしまったらやめて結構です。

 

 

 

なぜ日中の散歩が有効かというと、セロトニンを増やす効果があるからです。

 

うつ病,克服,

 

 

セロトニンはリズム運動や太陽の光を浴びると増やすことができます。リズム運動で一番楽なのが散歩で、日中散歩するのがセロトニンを増やすのにとても良いのです。

 

 

 

ただ、これはうつ病の症状が軽くなったときで構いませんので、動くほどの気力がない場合はセロトニンサプリを飲んでしっかり寝てください。

4.ストレスが溜まることは徹底的に避ける

ストレスが溜まってしまうことは徹底的にやらないようにしましょう。

 

 

 

こういうことを言うと、「それだとダメ人間になっちゃう!」と恐れる人も多いのですが、大丈夫です。精神状態が回復したら次第に自分から行動したくなってくるのでストレスの溜まることは避けるのが賢明です。

 

 

 

なぜストレスは溜めてはいけないのか?

 

 

 

それはストレスがセロトニンを破壊してしまうからです。うつ病の人がすべきことなのはセロトニンを破壊を防ぐこととセロトニンを増やすことなのですが、ストレスが溜まることをしないというのはセロトニンを守る上でとても大切なのですね。

 

 

 

 

例えばいつも悪口ばかり言う人との付き合いは絶ち、ストレスが溜まる仕事などは完全にやめてしまうのが良いです。

 

 

 

自分を守ることを再優先にしてください。人間は自分に心の余裕が生まれないと他者に貢献する意欲も湧かないのです。大切にすべきなのは自分自身で、自分再優先で構いません。

5.自分のやりたいことだけをやる

うつ病の症状がキツいと自分のやりたいことが見つかりません。

 

 

 

しかし、うつ病の症状が緩和されてきたら自分のやりたいことだけに取り組んでください。ゆっくり眠ることでも良いですし、ゲームをしても良いです。恋人と一緒にいるのが好きな人はそれでも良いのです。

 

 

 

自分のやりたいことだけをやるのはセロトニンを増やすのに大変効果的です。

 

うつ病,克服,

 

セロトニンは自分の好きなことをしているときに分泌されます。セロトニンを増やすという意味で自分の好きなことをするのは大変効果的ですので、行動する意欲が少し湧いたらまずは好きなことから始めてください。

6.セロトニンサプリメントを飲む

これはとっておきのうつ病対策方法です。

 

 

うつ病になってしまう根本理由はセロトニン不足ですが、セロトニン不足をどうにかするためにセロトニンサプリを飲むのが良いです。

 

 

私は気分が落ち込んで仕方がないときやうつ症状が辛いときはマインドガードDXに本当にお世話になりました。

 

 

休息不足が辛い方におすすめのサプリメント

 

 

 

セロトニンサプリを飲むと休息不足もサポートしてくれるので、ずっと体のダルさが続く人にも向いています。うつ病を克服したければセロトニンを増やすことを心掛けた方が良いのです。

セロトニンを増やしたい人が飲むべきサプリメントランキング!





一位 マインドガードDX粒タイプ


マインドガードDX粒タイプ


二位 マインドガードDX


マインドガード


関連ページ

うつで何もしたくない人がするべきこと
うつになると何もしたくなくなります。その気持ちは凄く分かるのですが、せめてセロトニンだけは補給してください。
うつ病でイライラしたときの対処法
うつ病だと悲観的になり、心の余裕がなくなってイライラします。これは脳内にセロトニンが不足しているから起こる現象です。
うつ病でも気分転換する方法
うつ病でも気分転換することは可能です。一番良い気分転換はセロトニンを補給してゆっくり寝ることです。
新型うつ病の特徴と対策方法
新型うつ病は仕事や勉強はやる気がでないけど、自分の好きなことだけはやる気があるといううつ病です。
躁鬱病の原因と治療方法は?
躁鬱病は脳内物質のセロトニンが不足して発生するのが原因です。