セロトニン,ブラック企業,ストレス,長時間労働,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ブラック企業で働いている人はストレスでセロトニンが不足している

ブラック企業で働いている人たちが不幸なのは、長時間労働を続けて大きなストレスを抱え、セロトニンが不足しているからです。

 

 

 

セロトニン,ブラック企業,ストレス,長時間労働,

 

 

これは極論になりますが、セロトニンが十分に足りていれば不幸だと感じることはありません。実際に労働時間が長くてもいきいきと働いている人がいらっしゃいますが、こういう人はストレスを抱えないからセロトニンが不足していないのです。

 

 

 

仕事が生きがいだと言っている人たちは仕事でストレスを抱えないのです。なぜならば仕事を楽しんでいるから「仕事が嫌だ」というストレスが発生しません。

 

 

ストレスが発生しないからセロトニンが減少することもなく、いきいきと仕事を続けることができるのです。

 

 

セロトニンが大きく減少する主な原因はストレスです。

 

 

 

だからブラック企業で働いていても仕事自体が好きだったらストレスを抱えないので、セロトニンが減少することはありません。

 

 

しかし、大半の人がブラック企業を嫌がっています。

 

 

私もブラック企業で働いていたことがあるのでよく分かりますが、あれは地獄です。働いたら働いただけ給料が貰えるなら別ですが、いくら残業しても残業代ゼロというのが普通です。

 

 

しかも毎日残業が続くので自分の時間を取ることができません。

 

 

 

そんな状態が続いてしまうと人は強いストレスを感じます。そしてストレスが蓄積されていくとどんどんセロトニンが不足し、悲観的思考になってうつ状態になってしまうのです。

 

 

ブラック企業で働いていてもストレスを感じなければ問題ないのですが、そんなのは無理な話です。もしブラック企業で働いてストレスを感じているのならば、一刻も早く退職することをオススメいたします。

 

 

退職後の生活の問題があるのならば、サプリメントを活用してセロトニンを増やすしかありません。ブラック企業に勤めていると生活リズムを戻すのは物凄く難しく、食生活も乱れて当然なのでサプリメントを活用して何とかするしかないのです。

 

 

 

しかし、セロトニンを増やすのに効果的なのはストレスを抱えないことです。いくらサプリメントを摂取しても慢性的に過度なストレスが続く状態だったらセロトニンは不足してしまいます。

 

 

そのため、セロトニンが足りていないときは無理をしないで休んだ方が良いのです。無理をするのは百害あって一利なし。自分の好きなことをして楽しんでいる分には良いのですが、自分の嫌なことをしてストレスを溜めている人はどんどんセロトニンが少なくなっていくと思ってください。

 

 

ブラック企業の功罪は「すぐに辞められない」ということです。

 

 

ブラック企業がブラック企業だと言われるのは、社員に対して労働を強要するからです。これもセロトニンが減少する大きな原因になります。

 

 

 

ストレスから逃げられない環境で過ごしていると、セロトニン濃度が低下します。ストレス環境に長期間いた個体はセロトニンが枯渇に近い状態になっているというデータが存在します。

 

 

ブラック企業で働いていた人が自殺するのも、セロトニンがほとんどなかったからでしょう。

 

 

セロトニン不足を根本から解決したければブラック企業から退社するしかありません。間違っても「仕事にやりがいを持とう」と思ってはいけません。

 

 

セロトニンが不足している状態で仕事にやりがいなんか持てるわけがないのです。そういうのはセロトニンを十分に確保してからにしてください。

 

 

 

セロトニンが足りない状態で「仕事に対してやりがいを持とう!」と思っても、自分を責める結果に終わるだけです。そしてまた自己嫌悪に陥り、ますますセロトニンが不足します。これでは悪循環です。

 

休息不足が辛い方におすすめのサプリメント

 

人生が辛いと感じている人はとにかくセロトニンを摂り、ゆっくり休んでください。それが一番効率的で賢い方法となるため、ゆっくり休んでいる自分を責めないことが大切です。

セロトニンを増やしたい人が飲むべきサプリメントランキング!





一位 マインドガードDX粒タイプ


マインドガードDX粒タイプ


二位 マインドガードDX


マインドガード


関連ページ

不規則な生活を続けるとセロトニンが不足する
不規則な生活を続けるとセロトニンが不足します。生活リズムが安定していない人に病んでいる人が多いのは、セロトニンが不足しているからです。
運動不足はセロトニンが不足する大きな原因!
運動不足はセロトニンが不足する大きな原因になります。そのため、どれだけ忙しくても一定時間の運動を確保することをオススメいたします。
冬は日照時間が短くなり、セロトニンが不足して憂鬱になりやすい
冬は日照時間が短くなり、セロトニンが不足して憂鬱になりやすいのが欠点です。日照時間が低下するとセロトニンの分泌が減ります。
セロトニンは加齢により分泌量が低下する
セロトニンは加齢によって少しずつ分泌量が低下していきます。そのため、歳を重ねる毎に意識してセロトニンの原料となる栄養素をサプリメントで摂らなければいけません。
ストレスに晒される生活を続けるとセロトニンが不足しやすい
セロトニンが不足する最大の原因はストレスです。セロトニンを減らしたくなければなるべくストレスを溜め込まないようにしましょう。
太陽光を浴びないとセロトニンが不足する!
太陽の光を浴びないとセロトニンが不足しやすいです。そのため、セロトニンの分泌量を増やしたければ太陽光を浴びるようにしましょう。
食生活が偏ったり乱れたりするとセロトニンが不足する
セロトニンが不足する原因の一つとして、食生活の乱れが挙げられます。食生活を整えることによってある程度セロトニン不足を解消することができます。